高速バスの利用

高速バスは鉄道や飛行機などの交通手段に比べると割安な料金で利用できるため、移動にかかる時間に制約が無いという人を中心に人気を集めている交通手段です。高速バスは鉄道や飛行機に比べると同じ距離を移動するためにかかる時間は何倍も要しますが、その分料金は鉄道や飛行機の半額以下に抑ええられています。また、近年では高速バスへの需要の増加に伴い多くの業者が高速バス事業に新規参入を行ったため、業者間の価格競争が激しくなり、バス料金の価格は低下基調にあります。各業者とも顧客の確保のためにキャンペーンを積極展開しており、こうしたキャンペーンを利用すると鉄道や飛行機でかかる料金の三分の一以下の料金でチケットが購入できる場合もあります。

バスは長らく庶民の交通手段として親しまれていましたが、長距離を走る高速バスビジネスが活発化したのは1990年代以降となります。1990年以前はバブル景気の真っ只中にあり、移動に時間を要する高速バスはあまり利用されていませんでしたが、バブル崩壊後に一般消費者の意識が低価格商品に移る中で、高速バスは一躍脚光を浴びることとなりました。東京や大阪や名古屋といった主要都市間のみの路線であった路線も次第に拡張され、今では高速バスが運行されていない大都市は無いといわれているほどです。この間にバスのサービス品質の向上も図られており、これまで安かろう悪かろうというイメージが強かった高速バスは、鉄道や飛行機に代わる交通手段として広く認識されるようになっています。